相続手続きで、亡くなった人の借金を調べる方法は?

こんにちは、財産承継コンサルタント/行政書士の鉾立です。

今回は、相続手続きに関してよくいただく質問に、Q&A形式で回答します。

 


 

Q. 亡くなった人の借金を調べるにあたって、何から、どのように調べたらいいのでしょうか?

父が先日亡くなりました。

父は生前、個人で事業を行っていて、病気を患ってからは資金繰りで苦労していたようです。

今後、父の名義になっている自宅マンションを私の名義に変えようと思っていますが、私が心配しているのは、父の借金のことです。

どこから、いくら借りていたのかが分からず不安です。

父の借金を調べるにあたって、何から、どのように調べたらいいのでしょうか?

 

A. 金融機関に対する個人の借入金については、信用情報機関に開示請求をすることによって、どこから、いくら借りているのかを調べることができます。

また、親族や知人からの借金については、契約書や借用書、不動産の登記簿謄本などを調べることになります。

銀行の借り入れやカードローンなど、金融機関に対する個人の借入金については、信用情報機関に開示請求をすることによって、どこから、いくら借りているのかを調べることができます。

信用情報機関とは、個人信用情報の収集および提供を行う機関で、国内には、

  1. 全国銀行個人信用情報センター(銀行系)
  2. 株式会社シー・アイ・シー(クレジット会社系)
  3. 株式会社日本信用情報機構(貸金業者系)

の3つの機関があります。

 

1. 全国銀行個人信用情報センター(銀行系)

全国銀行個人信用情報センターは、一般社団法人全国銀行協会が設置、運営している個人信用情報機関になります。

こちらに本人開示請求を行うことで、加盟している金融機関からの借り入れ等の内容や、支払状況などを確認することができます。

開示請求は、同センターへの郵送による申込みでのみ受け付けています。

こちらのページの「法定相続人(ご本人が亡くなっている場合)」の箇所を参照し、必要書類等を揃えて、送付先に郵送します。
(開示手数料として1,000 円分(消費税込)の定額小為替を同送します。)

本人開示の手続き | 全国銀行個人信用情報センター

1週間から10日ほどで開示報告書が送られてきます。

 

2. 株式会社シー・アイ・シー(クレジット会社系)

株式会社シー・アイ・シーは、主に割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関になります。

こちらに本人開示請求を行うことで、加盟している会員会社(クレジット会社等)との契約内容や、支払い状況等の信用情報を確認することができます。

開示請求は、同社への郵送、または、窓口での申込みで受け付けています

郵送の場合は、こちらのページの「法定相続人(本人が亡くなっている場合)」の箇所を参照し、必要書類等を揃えて、送付先に郵送します。(開示手数料として1,000 円分(消費税込)の定額小為替を同送します。)

郵送で開示|自分の信用情報を確認|指定信用情報機関のCIC

10日ほどで開示報告書が送られてきます。

窓口に行く場合は、こちらのページの「法定相続人(配偶者・子のみ)本人が亡くなっている場合」の箇所を参照し、必要書類等を揃えて、「窓口一覧」の箇所を参照のうえ、最寄りの窓口に出向きます。

窓口で開示|自分の信用情報を確認|指定信用情報機関のCIC

窓口で申し込みと本人確認手続きを行い、開示報告書を受け取ります。
(窓口に行く場合の開示手数料は、500円(税込)となります。)

 

3. 株式会社日本信用情報機構(貸金業者系)

株式会社日本信用情報機構は、主に消費者金融等の貸金業者(ノンバンク)系の信用情報機関になります。

こちらに本人開示請求を行うことで、加盟している貸金業者等との契約内容や、支払い状況等の信用情報を確認することができます。

開示請求は、同社への郵送、または、窓口(東京・大阪のみ)での申込みで受け付けています

郵送の場合は、こちらのページの「亡くなられた方の開示手続き」の箇所を参照し、必要書類等を揃えて、送付先に郵送します。(開示手数料として1,000 円分(消費税込)の定額小為替を同送)

郵送による開示手続き |日本信用情報機構(JICC)指定信用情報

窓口に行く場合は、こちらのページの「亡くなられた方の開示手続き」の箇所を参照し、必要書類等を揃えて、「受付窓口」の箇所を参照のうえ、東京開示センター(台東区北上野)、または、大阪開示センター(大阪市北区堂島)に出向きます。

窓口での開示手続き |日本信用情報機構(JICC)指定信用情報

窓口で申し込みと本人確認手続きを行い、開示報告書を受け取ります。
(窓口に行く場合の開示手数料は、500円(税込)となります。)

 

4. 親族や知人などからの借金

親族や知人などからの借金については、遺品の中に契約書借用書などがないかどうかを調べます。

また、時効が成立していないかどうか、返済状況を記したメモや、領収書などがないかどうかを調べます。

亡くなった方名義の不動産がある場合は、法務局で登記簿謄本を取得して、

  • 根抵当権などの担保権が付いていないか
  • 所有権移転の仮登記がされていないか
  • 差押えの登記が入っていないか

などを調べることになります。

※ご参考 管轄のご案内:法務局

 

5. 専門家に依頼する方法もある

なお、

  • 仕事が忙しくて自分で調べる時間がない
  • 相続放棄の期限(相続の開始を知ったときから3か月以内)が迫っている

場合は、弁護士のほか、相続実務に長けた行政書士や司法書士に個人の借金の調査を依頼する方法もあります。

当事務所では、これまで多くのお客様の相続手続きをサポートしております。

相続・遺産分割手続きの解決事例(お客様の声)

どうぞお気軽にご相談ください。

 


 

以上、ご参考になさってみてください。

では、次回の【財産承継ミニセミナー】でまたお会いしましょう。

 

【関連記事】
相続・遺産分割・遺言執行手続きの流れ・ポイント

 

この記事を執筆している専門家
鉾立 栄一朗

財産承継コンサルタント
/行政書士・宅地建物取引士

行政書士 鉾立榮一朗事務所 代表
Change&Revival株式会社 代表取締役 

法律に関わる各種手続きでお困りの方を “専門家の知恵” と “最適な手続き” でバックアップする法律手続アドバイザー。

会社員時代、実家の金銭問題をそばで支えた体験から、事業や財産の問題で困っている人のサポート役になろうと決意。

合同法務事務所で働きながら行政書士の資格を取得するも、流れ作業的な書類作成・申請手続代行といった依頼者の想いや意思決定プロセスに関われないポジションに限界を感じ、相談業務を習得すべく経営(企業再生)コンサルティング会社に入社。

地域金融機関の専属アドバイザーとして年間50件以上の顧客相談に対応し、「身近に相談できる人がいない」、「知り合いに相談してみたが、満足な回答が得られない」と悩む企業や個人の経営問題・財産問題の解決に従事する。

専門は、相続・遺言、贈与・売買、営業許認可申請等の各種法務実務の実践。相談者の悩みを解決する最適な手続き・手法を提案し、必要に応じて適材適所、各分野の専門家をコーディネートする。

家族は、妻と息子と猫(キジトラ雄)。

毎月第1土曜日に『無料個別相談』実施中。
https://www.hokodate-jimusyo.com/soudankai.html

鉾立 栄一朗をフォローする
相続手続き
シェアする
鉾立 栄一朗をフォローする
財産承継ミニセミナー