相続財産とは何?どんな種類がある?

こんにちは、財産承継コンサルタント/行政書士の鉾立です。

今回は、相続手続きに関してよくいただく質問に、Q&A形式で回答します。

 


 

Q. 相続財産とは何でしょうか?
どんな種類があるのでしょうか?

父が亡くなり、これから相続手続きを進めようと思っています。

何から始めればいいのか分からなかったので、役所の無料相談会に行ってみたところ、専門家の方から「相続財産を調べる必要がある」と言われました。

相続財産とは何でしょうか?

どんな種類があるのでしょうか?

 

A. 相続財産には、大きく分けて、プラスの財産とマイナスの財産があります。

相続手続きを進めるには、亡くなった方の遺産、つまり、相続財産を調べる必要があります。

相続財産には、大きく分けて、プラスの財産マイナスの財産があります。

また、相続税との関係においては、

  • 相続税の対象となるみなし相続財産
  • 相続税の対象とすることが適当でないとされる非課税財産

があります。

 

1. プラスの財産

プラスの財産で代表的なものは次のものになります。

種類 具体例
土地 宅地、農地、山林、駐車場の敷地等
建物 戸建住宅、マンション、共同住宅、貸家、店舗、工場等
現金 手元現金
預貯金 普通預金、定期預金、定期積金等
出資金 信用金庫・信用組合・農協等の出資金
有価証券 上場株式、非上場株式、投資信託、国債等
家庭用財産 自動車、貴金属、骨董品、その他高額な個人財産
事業用財産 機械装置、器具備品、棚卸資産、売掛債権等
財産権 借地権、電話加入権、営業権、特許権、著作権等
その他の財産 持ち戻し免除の意思表示をしていない生前贈与財産(※)、ゴルフ会員権、貸付金、保証金、税金等の還付金等

 ※持ち戻し免除の意思表示とは、「贈与財産を持ち戻して相続財産に加算しなくてもよい」という亡くなった方の意思表示のことをいいます。

【参考記事】
自宅建て替え用の資金など、まとまったお金を親から生前贈与を受ける際の法律上の注意点

 

2. マイナスの財産(相続債務)

マイナスの財産(相続債務)で代表的なものは次のものになります。

種類 具体例
相続債務 ローン・借入金(※)、連帯債務の負担部分、未払金、買掛金、公租公課(税金)、敷金、葬式費用等

※住宅ローンについては、団体信用生命保険(住宅ローンの契約者が返済中に亡くなったときにローンの残額が全額弁済される住宅ローン専用の保険)の加入状況を確認します。

 

3. みなし相続財産

みなし相続財産とは、相続税法の規定などによって相続税の対象となる財産になります。

種類 具体例
みなし相続財産 生命保険の死亡保険金、死亡退職金、相続や遺贈で財産を取得した人が死亡前3年以内に受けた贈与(一定の特例を受けた場合を除く)、相続時精算課税の適用を受けて取得した贈与財産等

【参考記事】
相続税の対象となる財産は何?「みなし相続財産」とは?
生前贈与を行う際の税金の知識と注意点① どのような場合に贈与税がかかる?
生前贈与を行う際の税金の知識と注意点⑤ 相続税対策で、高齢の親から金銭等の贈与を受ける際の注意点

 

4. 非課税財産

非課税財産とは、相続税法において、財産の性質、社会政策的な見地、国民感情などから、相続税の対象とすることが適当でないとされる財産になります。

種類 具体例
非課税財産 生命保険の死亡保険金や死亡退職金の非課税限度額(※)、墓地、墓石、仏壇、仏具等

※非課税限度額は、「500万円に法定相続人の数を掛けた金額までの部分」となります。

【参考記事】
父が生前購入したお墓は相続税の対象となる?「非課税財産」とは?

 


 

以上、ご参考になさってみてください。

では、次回の【財産承継ミニセミナー】でまたお会いしましょう。

 

【関連記事】
相続・遺産分割・遺言執行手続きの流れ・ポイント

 

この記事を執筆している専門家
鉾立 栄一朗

財産承継コンサルタント
/行政書士・宅地建物取引士

行政書士 鉾立榮一朗事務所 代表
Change&Revival株式会社 代表取締役 

法律に関わる各種手続きでお困りの方を “専門家の知恵” と “最適な手続き” でバックアップする法律手続アドバイザー。

会社員時代、実家の金銭問題をそばで支えた体験から、事業や財産の問題で困っている人のサポート役になろうと決意。

合同法務事務所で働きながら行政書士の資格を取得するも、流れ作業的な書類作成・申請手続代行といった依頼者の想いや意思決定プロセスに関われないポジションに限界を感じ、相談業務を習得すべく経営(企業再生)コンサルティング会社に入社。

地域金融機関の専属アドバイザーとして年間50件以上の顧客相談に対応し、「身近に相談できる人がいない」、「知り合いに相談してみたが、満足な回答が得られない」と悩む企業や個人の経営問題・財産問題の解決に従事する。

専門は、相続・遺言、贈与・売買、営業許認可申請等の各種法務実務の実践。相談者の悩みを解決する最適な手続き・手法を提案し、必要に応じて適材適所、各分野の専門家をコーディネートする。

家族は、妻と息子と猫(キジトラ雄)。

毎月第1土曜日に『無料個別相談』実施中。
https://www.hokodate-jimusyo.com/soudankai.html

鉾立 栄一朗をフォローする
相続手続き
シェアする
鉾立 栄一朗をフォローする
財産承継ミニセミナー